展覧会のお知らせ

ホーム展覧会のお知らせ > 【次回展】水野コレクション「横山大観×菱田春草」

次回展

水野コレクション「横山大観×菱田春草」
2017年9月30日(土) - 12月3日(日)

※開催予告※


2017_09_exhibition.jpg
日本美術史上、最もアツい2人

水野美術館は、平成14(2002)年の開館以来、日本画専門の美術館として、蒐集・公開を積極的に行ってきました。
本展では、今年7月に迎えた開館15周年を記念し、水野コレクションの中でも最も重要な位置を占める横山大観(1868 - 1958)と菱田春草(1874 - 1911)の二人に焦点をあてます。ともに東京美術学校(現・東京藝術大学)に学び、明治期、岡倉天心が目指した"新しい日本画"の創造に邁進した朋友である大観と春草。天心の理想を実現すべく生み出した「朦朧体」、日本美術院や海外渡航で行動を同じくし、互いに研鑚しあった二人の画業を紹介します。
また、同時開催として、県内ゆかりの作家たちによる日本画も展覧。信州の風土が育てた西郷孤月、菊池契月、倉島重友、中島千波など、現在にまで続く、信州と日本画との深いつながりを改めてご覧いただきます。展覧会を通して、大観、春草そして、明治から現代にいたるまで変貌し続けている日本画の魅力をご堪能いただければ幸いです。



●○●展覧会の見どころ●○●
■当館所蔵の名作・大観《無我》、新収蔵・春草《蓬莱山図》を特別展示!

大観の出世作《無我》(東京国立博物館蔵)の発表後に描かれた、幻の名作と言われる当館所蔵の《無我》、近年新収蔵となった春草作《蓬莱山図》の初公開と併せて、特別展示します。

■個人蔵、他館蔵の名品11点を特別展示!
記念企画として、横山大観の大作《大和心》(個人蔵)、菱田春草《春日》(個人蔵)などを特別展示します。



※開催予告※




展示チラシPDFダウンロード

関連イベント

学芸員によるギャラリートーク
日時:10月28日(土)、11月25日(土) ※各回とも10:00 - (40分程度)
場所:展示室
料金:入館料のみ
申込:不要

開館時間

10月31日まで9:30〜17:30(最終入館17:00)
11月1日から9:30〜17:00(最終入館16:30)

休館日

毎週月曜日

(※但し10月9日(月・祝)は開館、10月10日(火)は振替休館)

入館料

一般800円/中学・高校生600円/小学生300円

※20名様以上の団体は各100円引き
※小・中学校が授業の一環として利用する場合は無料
※小・中学生は、毎週土曜日無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、  付添1名は半額(要手帳提示)
※お着物でご来館の方は半額

このページのトップへ

サイトマップ