館内・利用のご案内

ホーム館内・利用のご案内 > 美術館からのお願い

美術館からのお願い

美術館で作品をお楽しみいただく際には、美術館とともにこの世に1点しかない作品を大切に守り、
未来の人たちに伝えるということにも、ご理解、ご協力ください。

食べない・飲まない
飴・ガムを含む食べ物や飲み物は、くしゃみなど何かの拍子で作品に付着する危険があります。
作品に付いたら汚れますし、カビが発生する場合もあります。
また、食べカスが虫を呼び、その虫が作品を食べてしまうことがあります。 飲食物はロッカーにお預けいただくか、入りきらないものは受付にお預けください。
食べ物・植物・動物を持ち込まない
作品に虫や臭いが付着するおそれがあります。
ただし、盲導犬などの補助犬は、展示室に一緒に入ることができます。
カサや大きな荷物は持ち込まない
作品にぶつかる恐れがあるものは、展示室に持ち込めません。
カサは、濡れていなくても傘立てか、コインロッカーをご利用ください。
ロッカーに入らない場合は、受付でお預かりします。
作品・展示ケースには触らない
そっと触っても、手の脂や汚れにより、長い年月の中で、作品にシミができたり、カビが生えるなど、作品に傷がつきます。 作品を指差すときも、触れないように気を付けて距離をとってください。
リュックサックや帽子が作品に当たらないよう、ご注意ください。
作品の前にある柵や、床の線の内側に入らないでください。
話すときは小さな声で
大きな声は、他の人の鑑賞のさまたげになります。
大きな声で話すと、つばが作品にかかることがあります。それがシミやカビの原因になります。
携帯電話の使用禁止
展示室内で携帯電話の使用はできません。通話や、着信音も他の人の鑑賞のさまたげになりますので、電源を切るかマナーモードに設定してください。
走らない、騒がない
作品や他の人にぶつかるかもしれません。
作品の前の柵でも遊ばないでください。これは作品の保護のためのものです。
カメラ・ビデオ・携帯電話等による撮影禁止
フラッシュの強い光は、作品の色あせにつながります。
フラッシュや撮影の音は、他の人の鑑賞のさまたげになります。
作品(作者)には「著作権」があります。作者、著作権者、作品所有者の許可を得ず撮影したものを公開すると、著作権を侵害する場合があります。
筆記具は鉛筆で
サインペンやボールペンなどのインクは作品に付着すると落とすことができません。 また、シャープペンも芯が折れて飛び、作品を傷つける恐れがあります。
床、壁、展示ケースに用紙などを押し付けたり、もたれかかって書かないでください。 作品に当たってしまう恐れがありますし、壁が動いて作品が落ちる可能性があります。 下敷きがあると便利です。
メモをとるときは、まわりのお客様にご配慮ください。他の人も作品を見たいと思っています。ゆずりあって鑑賞してください。
小さなお子様とは手をつないで
楽しかったり、不思議だったり、心が動くと体も動き出してしまうのが子どもです。 また、実際に触って確かめようともします。 ですが、触ると壊れてしまうのが、作品です。
小さなお子様とご来館のお客様は、館内での作品鑑賞の際は、必ず手をつないでください。
館内はいろいろな人が一緒にいる空間です。 もし、お子様が大きな声を出されてしまうときは、一度1階ロビーでお休みください。
その他
チケットの払い戻しはいたしません。
危険物は持ち込まないでください。
ヘッドフォンを利用される際には音漏れにご注意ください。
懐中電灯・ペンライト等は使用できません。
建物内は禁煙です。
その他係員の指示に従ってください。
みなさんに美術館を楽しんでいただくための6つのお願い
このページのトップへ

サイトマップ