教育普及活動について

ホーム > 教育普及活動について

教育普及活動について

水野美術館では、地元地域はもとより、長野県の芸術文化の発展に寄与したいという願いから、展覧会開催の他にも講演会・ワークショップ等教育普及活動にも力を入れて取り組んでいます。

特に子どもたちには小さな頃から日本画に親しんでもらえるよう、毎週土曜日は小・中学生は無料とし、学校授業の無料受け入れ、職場体験学習など積極的に行っています。

みなさんに美術館を楽しんでいただくための6つのお願い
img_main

小中学生の受け入れ

小中学生の受け入れイメージ1 小中学生の受け入れイメージ2

当館では、小・中学校が授業の一環で利用する場合は無料で受け入れています。

事前学習として日本画の画材を紹介する《日本画BOX》や軸のレプリカを使った学芸員による出張授業や、地元の日本画家との交流なども行っています。

ワークショップ

ワークショップイメージ1 ワークショップイメージ2

万華鏡や風鈴、絵手紙など、展覧会や季節に合わせたワークショップを開催しています。制作を通して日本画への理解を深めることができるよう工夫をこらしています。

イベント・ワークショップのお知らせ

講演会・講習会等

講演会・講習会等イメージ1 講演会・講習会等イメージ2

より多くの方々にもっと気軽に美術館へお越しいただきたいという願いから、講演会や講習会、ギャラリーコンサート等を開催しています。

イベント・ワークショップのお知らせ

このページのトップへ

サイトマップ