教育普及活動

水野美術館では、多くの方に美術をより親しんでいただくための教育普及活動として、鑑賞授業やギャラリートークといったプログラムをご用意し、職場体験等の受け入れも積極的に行っています。

また、小さな頃から美術館へ気軽に来る経験をしてもらえるよう、毎週土曜日は小・中学生無料としています。是非ご家族でお越しください。

鑑賞授業

学校・大学等の学生団体を受け入れ、鑑賞授業を行っています。また、小・中学校が授業の一環として利用する場合、入館料は無料です(要事前申込)
来館時には、美術館や作品の魅力を知ってもらうため「当館の成り立ち」や「館内での約束」「鑑賞のヒント」をお話ししています。

  • 展覧会内容によって変更があります。
鑑賞授業

職場体験、インターンシップ等

近隣の中・高・大学生を対象に、職場体験やインターンシップを行っています。
学芸員としての専門的な仕事だけでなく、受付や監視、清掃等の幅広い業務を体験し、美術館の役割や目的機能を学べるようなプログラムを提供しています。

  • 受け入れられる学校数及び体験内容は時期によって異なります。詳しくはお問い合せください。
職場体験、インターンシップ

ギャラリートーク、団体解説等

一般の来館者を対象に、展覧会毎の担当学芸員や監修者等によるギャラリートークを実施しています。展示室で作品を見ながら、詳しい解説を聞くことができます。
また、団体の来館者を対象に、コレクション展、特別企画展の概要について5分程度のガイダンスを行っています(要事前申込)

ギャラリートーク、団体解説

サイトマップ