展覧会

展覧会

特別企画展「生誕135年記念 川端龍子展」

終了

圧倒のスケール!衝撃の発想!比類なき生き様!

「昭和の狩野永徳」と評され、横山大観・川合玉堂とともに「近代日本画の3巨匠」の一人に数えられる日本画家・川端龍子(かわばたりゅうし) (1885~1966)。
龍子は、和歌山市に生まれ、上京して若手の洋画家・挿絵画家として活動をはじめます。しかし、単身渡米した現地で日本の古美術にふれたことを機に、日本画へ転向。1915年、30歳で再興日本美術院展への画壇デビューを果たし、新進気鋭のホープとして将来を嘱望されました。
一方、龍子のあまりに大胆で豪放な表現は、当時の院展内で軋轢を生み、日本美術院を脱退。翌1929年、「健剛なる芸術」を目指した日本画の在野団体・青龍社(せいりゅうしゃ)を自ら旗上げします。そして、今では当たり前となった、大衆へ向けた展覧会のためだけに制作するスタイルを「会場芸術」と名付け、それまでの日本画にはなかった破格の超大型作品を次々と発表し、センセーションを巻き起こしました。
川端龍子の生誕135年を記念した本展では、大田区龍子記念館による全面協力のもと、50年以上にわたった龍子の画業全体を回顧します。龍子が80歳でこの世を去る直前まで、まさに時代のインフルエンサー(影響者)としてダイナミックに活躍し続けたその姿をどうぞご覧ください。

開館時間

9:30〜17:30(入館受付終了17:00)

休館日

毎週月曜日(但し、8月10日、9月21日は開館、8月11日は振替休館)

入館料

一般1,300円
中高生700円
小学生400円
  • 小中学生が授業の一環として利用する場合は無料
  • 小中学生は、毎週土曜日は無料
  • 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付添1名は半額(要手帳提示)
  • お着物でご来館の方は半額

サイトマップ