展覧会

展覧会

特別企画展「光ミュージアム所蔵 美を競う 肉筆浮世絵の世界」

開催予定
宮川長春《立ち美人》部分 正徳~享保年間(1711~36)
藤麿《旅の女》享和(1801~04)~文化年間(1804~18)前期頃 光ミュージアム所蔵
藤麿《旅の女》部分 享和(1801~04)~文化年間(1804~18)前期頃

すべて光ミュージアム所蔵

浮世絵師が直接筆をとって描く肉筆浮世絵は、大量制作される多色摺(たしょくずり)木版画の錦絵とは異なり、すべてが1点ものの貴重な作品です。とりわけ美人画が多く、着物や髪の描写からは絵師それぞれの個性と技術を直に感じ取ることができます。
本展では、光ミュージアム(岐阜県高山市)が所蔵する肉筆浮世絵コレクション111点を展覧。北斎(ほくさい)、国芳(くによし)をはじめ江戸中期から明治期までの浮世絵師による美の真髄をお楽しみください。

同時開催

水野コレクション「美人画名品選」

サイトマップ